15:00
生前中はいろいろお世話になりました。 https://t.co/iWq98bCBAX #jugem_blog

ちょっと間が空いてしまいました。

 

10月6日(土)午前2時頃、モモは虹の橋へと旅立ってしまいました。

きっとユウヒが橋のたもとに迎えに来て

「モモちゃん、待ってたでー。意外と遅かったなー」

「シャー!久々やのに近すぎんねんアンタ!」

とか言いながらも家にいた時と同様、ユウヒの後に付いて新しい居場所を探検しているでしょう。

 

これまでは、私が寝ようとして布団に入ると何時だろうと必ずやってきて「撫で」を強要していましたが、逝く前夜には初めて旦那の布団に行くという心配り(T_T) その後、いつものように私の方にもやってきて自力歩行もしていたので、そんなに早く逝ってしまうとは思ってもなかったのですが。

 

モモのルーチン:布団の端で「撫で」強要

 

寝室の奥の小さな押し入れから、半身だけ乗り出して過ごしていることが多かったので、移動距離を短くするため、近くにフードと水、トイレを持っていってやりました。

 

 

 

しかし、これが余り気に入らないようで、トイレなんかは横を通り過ぎて、いつもトイレを置いてあった場所で呆然と立ち尽くすことに。慌てて、元の位置に戻しましたよ。

 

腎臓の機能が悪化しているせいかトイレに行く回数が増えてきて、気付くとトイレ用のマットで横になっていました。調子が悪い猫は隠れがちになるはずが、結構オープンな場所にいたので、習性よりトイレへの行きやすさを選んだのかな?

 

 

「せめてトイレマットでないものに寝なされ」と適当なシーツを敷いてやる

 

この後は、カーテンと家具の間に上半身だけ隠れるように寝ていました。

夜になりしんどそうだったので専用のベッドを持ってきて寝かせてやったものの、やはり下が硬いほうが楽なようで、必死で出ようとするので、慌てて床にタオルを敷いて寝かせました。

 

「朝になったら、病院行こうなー」と声をかけていたのですが、その数時間後の午前2時に息を引き取りました。

 

6年前に、痩せてきたと思ったら腎臓が一つしか機能していなことが発覚。そう長くはないかもと言われながらも、16歳と4ヶ月まで生きたので、まあ、猫並みの猫生は送れたのではないかと勝手に思ったり……。

 

まだまだ大丈夫と思っていたので、何か拍子抜けと言いますが、急すぎて納得が行かないというか、ピンと来ないまま3週間が経ってしまいました。

 

動物病院から届いたグッドセンスなお花

 

 

6年前にユウヒが逝った時は、モモがいましたので、生活に大きな変化はなかったのですが、トイレだの、タワーだの、全部屋に一つずつあった爪とぎだの、ベッドだの全部処分して、約17年ぶりに猫のいない暮らしに戻りつつあります。

 

いまだに、家で一人で仕事している昼間、徹夜している夜中は寂しいですし、寝る前に「あ、フード足しておかないと」だの、出かけても「猫がいるから早く帰らねば」とか、頭の中に「猫のために何かする」という命令が染み付いていて、なかなかスッキリとはしませんが、全て「懐かしさ」に変わるまでは我慢、我慢ですな。

 

保護主のAさんが気づいてくださるといいのですが、お預かりした2匹と黄色いベッド、全て虹の橋に送り届けましたよ。

 

末筆となりましたが、展覧会を2回もやらせていただいたり、モモとユウヒに関するいろんなことでおつきあいくださり、お世話になった皆様、本当にありがとうございました。猫だらけのブログも読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

JUGEMテーマ:にゃんこ

点滴効果も切れるころ、今度は息が荒くなってきたモモ姉さん。

通院や治療のストレスを極力減らし、静かに余生を過ごしてほしかったのですが、あまりに苦しそうで横になると呼吸しづらいようで、おちおち寝てもいられない様子。

 

で、用事のあった私に代わって、夫に病院に連れて行ってもらいました。

用事がすんで電話してみると、なんと胸水を抜いてもらっているとか!そのための検査もしたとかで、結局またまたストレスをかけてしまいましたが、その後は何事もなかったかのような回復っぷり。

治療することで苦しさがなくなるのであれば、できるだけ自然に任せたいと話していた夫もやらざるえなかった様子。

 

調子が悪くなってからのモモはこの押し入れに隠れがちに。胸水を抜いた日の夜は半身のりだしています。

 

食欲もちょっと回復。食べろ、食べろー!

 

絶不調の時には押し入れから出てきませんでしたが、この日は仕事部屋まで、私のひざに乗りにやってきました。

この感じが、できるだけ長く続いてくれるといいのですが……。

 

JUGEMテーマ:ペット

前回、食欲もなくなり、ひと回り小さくなったモモですが、5日間連続の点滴をした後、食欲が少し戻ってきました。脱水症状がおさまり、身体の毒素も多少減って楽になったようです。

 

ただし、以前食べていた療法食、中でもドライフードは全く食べなくなりました。……それも楽天でまとめ買いしたロイヤルカナン、ベッツセレクション、ドクターズケアの腎臓ケアの数々。どうすんの、コレ(><)

 

ウェットはモンプチ、たまの伝説シリーズは種類によっては食いつきが良いみたい。

しかし飼い主としては、腎臓が1つしか機能してないモモには。これまでのように療法食を食べてもらった方が安心なので、比較的よく食べていたロイカナの腎臓サポート2種をまとめ買い。最初の3袋ぐらいは、ぼちぼち食べてくれていたものの、その後食べなくなりました…とほほ。そうか、まとめ買いしたものから食べなくなるのか……家計に厳しすぎるぜ!

 

子育て中のママさんと話していて「子供がご飯を食べてくれない」と嘆いているのを聞いても、心の中では「そんなもんお腹空いたら何でも食べるよ。食べるまで放っておいたらええんちゃうの」などと思っていた自分、バカバカ。

食べて欲しいものを食べてくれない、最悪何も食べてくれないこのツラさ。人間の子供と猫を一緒にするのは大変失礼なのですが、いかんせん、私には子供がおりませんので、実感できる一番近しいツラさがこんな感じではないのでしょうか。はー、ツラい。

 

結局、総合栄養食ではないモンプチを与えつつ、モモが食べるフード探しの旅はしばらく続くのであります。

 

調子が悪いときは押し入れに隠れっぱなしのモモですが、ここ数日ベランダで涼む姿も^^

 

JUGEMテーマ:ペット


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Amazon

Archive

Search

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 生前中はいろいろお世話になりました。
    ミユタコ
  • 生前中はいろいろお世話になりました。
    magnolia
  • 生前中はいろいろお世話になりました。
    ミユタコ
  • 生前中はいろいろお世話になりました。
    magnolia
  • 生前中はいろいろお世話になりました。
    ミユタコ
  • 生前中はいろいろお世話になりました。
    GYMBOREE_めぐみ
  • またもや復活
    ミユタコ
  • またもや復活
    magnolia
  • モモ婆さん、ちょっと復活。
    ミユタコ
  • モモ婆さん、ちょっと復活。
    magnolia

Link

Profile

Other