(鹿児島・磨崖仏ツアーのつづき)
「磨崖仏が好きなら、うちの近くにもあるよー。といっても、公園が主でその端にちょこっとあるだけなんだけど」と年下の義姉。
「指宿の流しそうめんに枕崎の豚コツも食べていってほしいから、そんなとこ行ってる暇あるかな〜」と義兄。
「そんなに食べられないから、そうめんだけでええがな」と旦那。
「まーまー、早起きしてそうめんを朝食にしてですねー。磨崖仏なんて10分そこらで鑑賞できますから」と私。

さて翌朝。起きたら9時を大幅に過ぎていた、一応嫁の立場の私。
にゃははは楽しい この時点で枕崎の豚コツは×に。
そして、公園の端にちょこっとある磨崖仏へ。

それが「清水磨崖仏」↓鹿児島県川辺郡川辺町大字清水字薬師ノ下

なんとこの岩肌全体に磨崖仏びっちり!びっくり
高さ20m、長さ約400mにわたって、平安〜明治時代に彫られた磨崖仏が200ですよ!奥さん!(誰?)見やすいように遊歩道も完備。うおーっ!身体にみなぎる仏のチカラ〜っ!カメラ片手に正気を失い、右往左往に走りまわる。

「大五輪塔」↓

この仏群の中ではもっとも古い平安後期。

「五輪塔群」↓

かわいらしいこの彫刻は室町時代。死ぬ前に戒名をもらい、死後の供養をする「逆修供養」によるものだそう。

これもそう↓

彼岸花が咲き始めて、いい雰囲気に撮れた1枚。

・・・あ、もちろん仏像もありましたよー。
かなり風化が進んでしまってるけど、今は全て合成樹脂でしっかり風化防止されてるらしいです。

ちなみにこの磨崖仏を「ちょこっと」といわしめた公園は、キャンプ場もあるような、めちゃくちゃでかい公園なのでした。10分どころか1時間以上も一人、磨崖仏を堪能させてもらいました。ほほ。しかし、今までの磨崖仏に比べて、その扱いに格段の違いがございます。
こういうの見ちゃうとね〜。しばらくはお腹いっぱいかも。



1

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Amazon

Archive

Search

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ブログを引っ越したいのだが
    ミユタコ
  • ブログを引っ越したいのだが
    magnolia
  • 生前中はいろいろお世話になりました。
    ミユタコ
  • 生前中はいろいろお世話になりました。
    オレコタ
  • 生前中はいろいろお世話になりました。
    ミユタコ
  • 生前中はいろいろお世話になりました。
    magnolia
  • 生前中はいろいろお世話になりました。
    ミユタコ
  • 生前中はいろいろお世話になりました。
    magnolia
  • 生前中はいろいろお世話になりました。
    ミユタコ
  • 生前中はいろいろお世話になりました。
    GYMBOREE_めぐみ

Link

Profile

Other